新車 値引き 店長

新車の値引き交渉は店長と

新車を購入するとき、だれでもできるだけ安く購入したいと考えるものです。そのためには、車両の販売価格から値引き交渉をする必要がありますが、ポイントを押さえることでこれまでよりも大幅に値段を安くしてもらうことができます。今まで、少額の割引で満足をしていた人も、これまでよりも高額の割引を得られる可能性がありますので、一度チェックしておきましょう。
基本的に、新車は値引きありきの価格設定になるといってもよく、ディーラーも比較的積極的に交渉に応じてくれます。しかし、営業マンは立場によって、値引くことができる金額の上限が決まっています。そのため、最初のうちは窓口としての役割を持つ営業マンが対応してくれますが、上席の人でなければどれだけ交渉しても満足な金額にならないことが多いです。特に新人の営業マンの場合、交渉自体もあまり上手にできませんので、らちが明かないと思ったときには上席を読んでもらって一緒に交渉するというのも一つの方法です。もちろん、自分自身が車を買う気があるかどうかということは、相手から常にチェックされています。割引をすれば買ってくれそうなお客だと判断されたときには、相手側から上席を呼んで話し合いをすることもありますので、あまりにもほしそうな態度や、逆に冷やかしのような態度はせずに、真剣に話を聞いて交渉しましょう。
基本的に、割引をするほどディーラーの利益は減ることになります。そのため、相手も交渉には応じてくれるものの、全面的にこちらの味方になってくれるわけではありません。やはり、できればもっとも値引き可能額が大きい店長にかけあうというのがおすすめですが、車両のグレードや来客状況によっては、直接交渉ができない場合もあります。そのようなときには、いったん交渉を切り上げるか、時間を見て店長にかけあってもらえないかを担当者に相談してみるとよいでしょう。直接の応対が難しくても、決済をとるだけで営業マンが対応できる割引額がアップしますので、忙しそうなときにお勧めの方法です。
ある程度交渉がまとまった時に、支払方法を短期にしたり、現金一括払いをするなどの条件を付けて、さらに値引きを要求してみるというのも一つの方法です。かなり限界に近い値引きをしてもらえる可能性があります。オプションを追加して、その一部を割り引いてもらうというのもよいでしょう。ディーラーによっても対応が異なりますので、できれば数社回ってみましょう。